2006/06/04

雨の中のわたし

「雨の中の私」という心理テストがあるという。

このタイトルで子どもに絵を描かせると、

・親に守られている子供は当たり前のように傘をさす姿を描き、
・親から庇護(ひご)された体験に乏しい子供は、自分を防御する力が不十分なため、雨にもなすすべがなく、ずぶ濡れになる自分を描く
<毎日新聞社説/2006年5月13日より抜粋>

というのだ。

こんなの本当なのだろうか? 


わたしは自分自身が「親から庇護(ひご)された体験に乏しい」とは思わないけど、このテストを受けたらたぶん濡れきった自分を描くんじゃないかなと思う。理由は簡単で、雨も雨に濡れることも結構好きだからだ。


雨がストレスの比喩として用いられているというのは、雨好きのわたしとしては黙っていられない。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home